FC2ブログ

安楽死を遂げるまで  宮下洋一著

スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、アメリカの一部の州では安楽死が、医療行為として認められています。
日本では認められていません。

安楽死には医師が死をもたらす行為をするものと、医師が薬を処方し本人が飲んだり点滴のストッパーを解除したりする自殺ほう助の方法があります。

著者が本人、家族、医師に話を聞き、日本での過去の安楽死事件をも追ったノンフィクションです。

現在、私は心身ともに病気ではありません。
家族にも重篤な患者はいません。
ですから、この本を読む中で自分の身に置き換えて考えたとしても、本人・家族の心情それ自体は本当の意味では理解できないと思い、できるだけ客観的に読みました。

人は自分の死を自分で選択することが正しいのでしょうか?
このことをどう考えるかが安楽死を考える時、最も重要な問題となるのでしょう。

その人の生きている国の文化、宗教、家族によりどう考えるのかが変わってきます。
西欧では個人の考えを尊重する傾向にあり、日本とは少し違います。

安楽死を考えるような場面に直面した時、私はどのように考えるのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する