FC2ブログ

よい謝罪  竹中功著

吉本興業で35年にわたって謝罪会見を取り仕切ってきた著者が書いた、謝罪の極意。

素直に謝るのは大切と分かっていながら、いざとなると意地を張ったり、言い訳をしたくなったりして・・・

謝罪とは被害者の抱えている怒りをしっかりと受け止め、誠意をもって反省の気持ちを伝える事。
心に訴えかけるもので、弁解、言い訳、正当化、無責任な姿勢は被害者の気持ちを悪化させてしまいます。

被害者の気持ちが収まったところで、弁償・賠償などの物理的な問題に移ることになります。

吉本興業では、事故、金銭トラブル、女性問題など様々な謝罪会見が開かれてきました。
その道のプロの書いた本で、なるほど、ふむふむと思う箇所がたくさんありました。

テレビで観る最近の記者会見では誠意が見られなかったり、余計な一言があったりと数々の失態が続いています。
記者会見に臨む前にこの本を読めばいいのになあ、と思いながら自分にも活かしていきたいと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する