FC2ブログ

一度しかない人生を走り抜ける  有森裕子

バルセロナオリンピック(1996年)で銀、アトランタオリンピック(2000年)で銅メダルを獲得した、元マラソンランナーの有森裕子さんの講演会に行ってきました。
アトランタ五輪マラソンの後のインタビューでの『初めて自分を自分でほめてあげたいと思います』の一言は有名。
当時、本当に頑張ってきはったんやなあ、と心から思った記憶があります。
すごく年上のしっかりした人だと思っていましたが、講演会で同じ年と知り驚きました。

小さいころから足の速い人だったのだと思っていましたが、股関節脱臼をして生まれ、普通に歩けるだけでもご両親は喜ばれたそうです。
何事にも自信がなかった有森さんが、小学校5年の時に出会った自分を認めてくれる先生の部活が、たまたま陸上部だったため入部したのが、陸上界へのきっかけだったそうです。

もちろん、有森さんには素質があったから努力の末、オリンピックメダリストになられたのだと思いますが、先生との出会いがなければ陸上を始めることがなかったかもしれません。
出会いは宝です。
この年になると余計に思います。
この出会いがあったから、私の人生が劇的に変わった!
ということはありませんが、たくさんの人との出会いが自分の考え方、行動に影響を及ぼしていることは間違いありません。
時に、悪い方向への出会いもあるかもしれません。
でもそれはそれで、自分を軌道修正する力を持てるようになる。
それも財産だと思います。

これからも人、もの、場所とにかく新しいことに出会えるチャンスを大切にし、その出会いを大切にしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する